JBB ディスコグラフィー

NEW RELEASESINGLEALBUMDVD

NEW RELEASE

TreaJaa!!!!!(トレジャア)

TreaJaa!!!!!

ジャアバーボンズ初のミニアルバム誕生!

2017.1.18 Release
T-RECORDS TRECO-001
1,852円(税抜価格) / 2,000円(税込価格)
全国のCD店にてご購入いただけます(店頭にない場合はお取り寄せください)

1.とべとべ!! 2.恋文~書き終わる事のないラブレター~ 3.あいことば 4.プレゼント 5.猫マヤ― 6.ハイビスカス 7.勝利の歌(Bonus track)

YouTubeで試聴

2017年の四国・中国コンサートホールツアーを前に、待望のリリースが決定!
ライブではすでに定番の老若男女が踊れる楽曲から、沖縄出身ならではの三線バラード曲まで、6曲すべてがメイン曲のクオリティ。TSUTAYA限定シングルとしてリリースし完売したダイドー「miu」シリーズCM曲「勝利の歌」もボーナストラックにて収録。
年明けからはTSUTAYAを中心としたインストアイベントツアーも開催予定。2017年のジャアバーボンズから目が離せない!


メンバーによるセルフライナーノーツ

1.とべとべ!!

“ジャアバーボンズ”をそのまま表現した感じの曲です。年齢も性別も国籍も関係なく、誰もが笑顔になれるようにという想いで歌詞を描きました。
当初は別のサビでしたが、何か物足りないと悩んでいた時にふと、相方のTAKANOが大学時代からふざけて口ずさんでいた鼻歌を思い出しました。そして「とべとべ!!」という曲が遊びの延長でできました(笑)。
ライブの一体感をイメージして作ったので、みんなで足踏み、ジャンプなどして一緒に騒げる、ジャアバーボンズのアゲ曲の柱になると思います。
毎日良い事も悪い事もありますが、何も良い事がないと嘆くより、こっちから良い事を探しにいけばいいんじゃないというメッセージを込めました。今日も明日もEveryday宝探し!!このとべとべ!!という曲も誰かの何かの宝になりますように…(YASU)

2.恋文~書き終わる事のないラブレター~

ありのままの等身大ラブレターをJBBらしいサウンドに織り交ぜた、どストレートラブソングです!
長く一緒に過ごしている相手に改めて書くラブレターをテーマにしたので、とても照れ臭い所もありながら頑張って伝えようとする、不器用な愛が伝わったら嬉しいです。
レコーディングになるとついメロディラインを上手く歌おうとか、大袈裟に抑揚をつけたりとか張り切ってしまうけど、この曲に関しては「飾らない声で歌う」を意識しながら作り上げました。
男から送る女性への精一杯のラブレターを、世界で一番好きな人と聞いて下さい。(TAKANO)

3.あいことば

誰もがどこかでそれぞれの何かの為に頑張っている。頑張ってない人はいないと思う。だからこその、頑張ってる人への応援歌。
頑張ってる人に「頑張れ!」って言うと「もう頑張ってるわ!」と怒られるかもしれない。本人しかわからない涙、苦労がある。けれど、それでも走り続ける人に自分たちが伝えられる事は精一杯の「大丈夫!」「頑張れ!」なんだと思う。それはたぶん自分にも言い聞かせているから。
“あいことば”の歌詞は前半から後半に向けてどんどん夢や目標に近付いていく様子も描いています。うまくいかなくてもそれでも信じて前に、弱さを隠さずにそのままの自分で一歩一歩進んでいく姿を応援しています。
子どもから頑張っているお父さん、お母さん、挑戦し続ける高齢者の方まで「大丈夫!」という合言葉で頑張ろうって思ってくれる背中を押せる応援歌になればいいなと思います。(YASU)

4.プレゼント

数年前に母に贈った曲です。
ライブでも数回やって、涙してくれる方がいたり、一緒に口ずさんでくれるのがとても嬉しくて。今回このミニアルバムを作るにあたって、より多くの人に届けたいと、歌詞を多少変更しました。歌のプレゼントは、普段言葉にできないような気持ちを歌にのせるので、より自分の気持ちを出せたと思います。
親、恋人、友達、仲間に、「この世に生まれてきてありがとう」という素直な気持ちを、僕らからあなたへ、あなたからあなたの大切な人へ届けたいという曲です。(志門)

5.猫マヤ―

ライブ会場でみんなでニャンニャンと猫の真似したら絶対楽しいし、可愛いし、気持ち悪いだろうなと思って作ってみた曲です(笑)。
うまく甘えるところは甘えて、獲物を捕らえる時は獣になるというような感じで、そんなブリブリのぶりっ子の女の子がいたら怖いなと色々妄想して作りました。もっとふざけた曲になるかと思いましたが歌詞を描いてるうちにだんだん楽しくなり、猫の特性や生態を調べていくと少しカッコいいラップ部分ができたので、歌詞も注目しながら聞いてもらえると嬉しいです。
マヤーは沖縄の方言で猫という意味。なので沖縄テイストでカチャーシーも踊りながら、ライブで笑顔になれる楽曲になったと思います。
場面によっての「ニャー!」はレコーディングでもこだわった所なので、そこを覚えてライブでみんなでニャンニャン叫んでもらえたら最高です。きっと気持ち悪い景色になるでしょう(笑)。(YASU)

6.ハイビスカス

沖縄に行くといつでも華やかに迎えてくれる花「ハイビスカス」。美しさの中に、優しさや強さを感じ、花言葉も調べて歌詞を描いてみました。
歌詞のイメージは自分のおじぃ。今も自分のおばぁが住む宮古島の家。おじぃは漁師で、いつも美味しい魚やカニを取っては孫の僕らに送ってくれてました。自分が高校1年の冬、おじぃは海に出て帰ってきませんでした。突然の出来事で、今でも宮古島にいくとふらっと現れそうな気がします。
どんなに離れてもいつだって力を与えてくれる存在がある。その存在があるからまた前へ進めるのかなと。決して暗い曲にしたいわけでなく、どんな季節でも堂々と咲いているハイビスカスに重ね合わせ、変わることない温かい胸の中にある気持ちを歌っています。沖縄出身のジャアバーボンズだからこそまっすぐ伝わるものがあればいいなと思います。誰かの心にこの曲が咲いてくれるといいな。(YASU)


▲PAGE TOP